個人の借金

夫に550万円の借金があります

ご相談内容

結婚5年目の主婦の方からの相談内容です。
結婚5年目でご主人に550万円の借金があることがわかりました。
うちわけは銀行カードローンが100万円、車のローンが200万円、消費者金融から100万円、クレジットカードのリボ払いが100万円という内訳です。
ある機会に夫に借金があることがわかり、結婚費用やその後の生活費のために現在の借金まで膨らんだとのことです。
どうすれば良いのかというのがご相談内容なのですが…。

まず家計の収支を見つめてみる

収入面が不明ですが一般的なサラリーマン家庭であれば、住宅ローン以外で550万円の借金が相当な負担感がある水準だと考えられます。
借金を返済して少なくしていけるかどうかを判断するためにはまずは簡単でも良いので家庭の収支状況を見つめていただきたいところです。
家計収支
この図は家計の収支状況を示した1つのサンプル例です。
①から③までは収入に関するところ、④が食費や家賃など生活をしていくために必要な支出に関するところです。
そして⑤の生活収支は収入から生活をしていくために必要な支出をマイナスしていくら残るかを示したものです。
そして⑥から⑨は金融収支、つまり借金の返済や新規の借金に関するところです。
借金が返済出来るかどうかを考えるには新規の借金はせず、借金の返済のみでまずは考えてみましょう。
さきほどの図では新規の借金はしない、ゼロのケースです。

生活収支で返済が足りるかどうか

借金の返済が⑤の生活収支の範囲内であれば借金は返済出来ます。
つまり、
借金返済収支
であれば借金の返済は可能で、続けることにより借金を減らしていくことが可能です。
逆に、
借金返済収支
であると借金を返済するためには新たな借金をせざるを得ません。
借金を少なくしていくことは難しいか、とても長い時間がかかります。
もし生活収支よりも借金の返済額の方が多いのであれば、生活に関わる支出面を見直す、つまり切り目られるところは切り詰めて生活収支の改善を考えなければなりません。

借金の見直し

また借金そのものの見直しも出来るのであれば手を付けたいところです。
例えば車のローンですがいろいろな事情はあるとは思いますが、マイカーがなくても大丈夫な場合にはマイカーを手放して車のローンを完済しましょう。
また消費者金融からの借金は銀行カードローンよりも金利が高いと思います。
銀行カードローンにて追加の借入が可能なのであればそれを利用して消費者金融からの借金を減らしてなるべく早く完済に持っていくようにしましょう。
借金の借入本数が少なくなればそれだけ返済額も少なく済み、収支の改善につながります。
そしてこれらのことは無理な場合には弁護士に相談して法的な借金整理を検討せざるを得なくなります。

-個人の借金
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.