個人の借金

借金返済の悩みはどこに相談すれば良いですか

多くの借金を抱えてしまい毎月の返済に苦しんでいる場合、それを続けてもおそらく一生解決はしません。
このような時にはためらうことなく相談をしましょう。
相談先はいろいろとありますがどこに相談をすれば良いのかを説明します。

質問

借金の返済の追われて毎日のように悩んでいます。
周囲の人からは住んでいる役所や弁護士会に相談をするように言われています。
どこに相談をするのが一番良いのでしょうか。

相談は無料

まず最初にどこに相談をするかに関係なく借金のことで相談すること自体にお金はかかりません。
費用が発生する場合というのは例えば債務整理の手続きを弁護士などの専門家に依頼する場合です。
その前段階の相談で相談料などの費用がかかることはありません。

いろいろとある相談先

借金のことで相談できる先はいろいろとありますが、多くの借金を負ってしまって返済が出来ないような状態の場合には弁護士などの専門家に依頼をするのが手っ取り早いです。
債務整理を視野にして借金問題で相談できる先は大別すると役所と弁護士(司法書士)です。
この2つの相談先について特徴などをご案内します。

役所に相談に行く

お住いの役所では必ず住民サービスの一環として無料の法律相談の機会が設けられています。
借金問題の相談では役所の職員ではなく弁護士や司法書士といった専門家が対応をしてくれます。
事前の予約が必要ですが安心して相談をすることが出来ます。
この相談を通して借金問題の解決に向けたアドバイスが行われ、必要であればその弁護士などが今後の債務整理に向けて依頼を受けてくれます(これを受任と言います)。
ただし事前の予約といっても予約が前々から入っていて1ヶ月、2か月先というのはよくあることですので注意をしてください。

弁護士に相談をする

役所を通さずに直接弁護士や司法書士に相談する方法もあります。
コマーシャルや広告で借金問題の解決に向けた弁護士(法律事務所)を見たり耳にしたことがきっとあると思います。
特にこだわりがなければその弁護士等に直接相談することが出来ます。
また弁護士会が借金問題に関する相談会を開催していますので、この相談会を利用するのも1つです。

お薦めは直接に弁護士に相談する

借金問題を解決するには任意整理や個人再生、自己破産などいずれもその人個人に適した債務整理の手法が取られることが大半です。
借金先との交渉や裁判所での手続きは個人が単独で行うことも物理的には可能ですが、専門の法律問題なども絡んできますので一個人が単独で対応することは現実には不可能です。
どうしても弁護士や司法書士といった専門家に依頼を行う必要が出てきます。
役所での借金問題の相談をしても、それだけでは解決に向けた具体的な動きには直接には結びつきませんので、最終的には弁護士や司法書士といった専門家との相談が必要になってきます。
ですから直接に弁護士や司法書士といった専門家に相談するのが時間的なことを考えてもおすすめです。
決して怖くはありません。
相談することがきっとそれまで借金問題に悩んでいたことから解放されます。

関連コンテンツ

-個人の借金
-,