借入過多企業へ銀行が融資を嫌う理由


2013年09月18日

ホーム銀行融資の審査に関すること>借入過多企業へ銀行が融資を嫌う理由

借入が年商の半分程度以上となると、業種にもよりますが借入過多と銀行は認識します。
借入過多となると支払利息が収益を圧迫しますし、何よりも返済負担が大きくなります。
銀行が借入過多の企業に融資を嫌う最大の理由は、この返済負担が重くなり資金繰りが続くのかという不安です。

借入過多の企業の多くは利益等だけですべての借入の返済を行うことは困難です。
一定の借換調達、つまり返済のための新たな借入が必要となります。
この新たな借入が出来る間は返済が滞ることはありませんが、新たな借入が出来ないとなると、即延滞が発生する恐れがあります。
借入過多の企業に対してはこの新たな借入が可能で、返済を含めて資金繰りが続くのかどうかが融資審査の大きなポイントとなります。
新たな借入を行うことが困難と判断されれば、返済負担を軽減するなどリスケを含めて抜本的な「手術」が必要となってきます。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%