借入過多企業へ銀行が融資を嫌う理由

投稿日:

ホーム銀行融資の審査に関すること>借入過多企業へ銀行が融資を嫌う理由

借入が年商の半分程度以上となると、業種にもよりますが借入過多と銀行は認識します。
借入過多となると支払利息が収益を圧迫しますし、何よりも返済負担が大きくなります。
銀行が借入過多の企業に融資を嫌う最大の理由は、この返済負担が重くなり資金繰りが続くのかという不安です。

借入過多の企業の多くは利益等だけですべての借入の返済を行うことは困難です。
一定の借換調達、つまり返済のための新たな借入が必要となります。
この新たな借入が出来る間は返済が滞ることはありませんが、新たな借入が出来ないとなると、即延滞が発生する恐れがあります。
借入過多の企業に対してはこの新たな借入が可能で、返済を含めて資金繰りが続くのかどうかが融資審査の大きなポイントとなります。
新たな借入を行うことが困難と判断されれば、返済負担を軽減するなどリスケを含めて抜本的な「手術」が必要となってきます。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資の審査に関すること

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.