信用保証協会の保証可能性を銀行プロパー融資審査では重要視しています


2013年09月20日

ホーム銀行融資の審査に関すること>信用保証協会の保証可能性を銀行プロパー融資審査では重要視しています

中小企業にとって信用保証協会は銀行から融資を受ける際に非常に重要な役割をもっています。
信用保証協会の保証さえあれば、よほどのことがない限り銀行は融資を実行するからです。
見方を変えると信用保証協会から保証を得られる余力があれば、少なくともその保証余力分は資金調達が見込めるということになります。
この信用保証協会の保証余力がどの程度あるのかを、銀行はプロパー融資の審査において重要視しています。

プロパー融資、信用保証協会の保証付融資に限らず、銀行は融資先の資金繰りがこの先も続くかどうかを審査では特に注意しています。
そして信用保証協会の保証余力があり、まだ資金調達が可能な状態であることは融資先がこの先も資金繰りが続くと判断出来る大きな材料となるのです。
信用保証協会の保証余力が見込めない場合には、融資先の資金調達力は弱いものとなりこの先資金繰りが行き詰ってしまう可能性を含んでいます。
信用保証協会の保証枠はある程度温存しておくことが、今後のスムーズな資金調達の面からは大切かと思います。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%