トラブルとなった信用保証協会とは別の信用保証協会を利用します

ホーム信用保証協会保証付融資Q&A>トラブルとなった信用保証協会とは別の信用保証協会を利用します

質問
過去にある県の信用保証協会で保証人になり返済のことでトラブルを起こしまったことがあります。
今回、取引銀行にて信用保証協会付きの融資を申し込む予定です。
トラブルとなった信用保証協会とは別の信用保証協会を利用します。
信用保証協会というところは他県との繋がりはあるのでしょうか?





回答
トラブルの内容に依ります。
信用保証協会は全国の都道府県にそれぞれ最低1つ設置されていますが、原則は独立した存在です。
しかし保証の利用残高は共有していますし、代位弁済履歴などのネガティブな情報も共有しています。
トラブルの内容ですが、代位弁済後の返済が連帯保証人としてまだ残っていれば他の信用保証協会と言えども新規に利用することは出来ません。
信用保証協会が利用出来ないケースとして現在代位弁済の債務を負っている、あるいは代位弁済の債務を完済後6か月が経過していない場合には、利用出来ない決まりとなっています。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達