保証協会付き融資内諾後の審査について


2014年05月31日

ホーム信用保証協会保証付融資の審査>保証協会付き融資内諾後の審査について

質問
はじめまして、去年、一昨年と二回保証協会付きで融資を受けました。
それで今回取り引き先への保証金という名目で融資を申し込みました。
とりあえず内諾は取れたと銀行から連絡がきて今日申し込み書を書いてきました。
そこで質問なんですが、去年身内で入り用がありノンバンクから100万円の借り入れを自分がしました。
この件が心配なのですがこの後の審査で否決という事になることはありますか?

回答
内諾というのはおそらく相談された銀行の担当者が信用保証協会に出向いて、事前相談した結果だと思います。
貴殿のノンバンクからの借入の件ですが、すでに信用保証協会と取引実績がありますので改めて貴殿の個人信用情報を信用保証協会が照会することはないと思います。
照会しなければ信用保証協会はノンバンクからの借入については認識しないと思います。
ご参考までに何らかの事由で信用保証協会が貴殿個人の借入について認識をした場合、信用保証協会の正式審査は申込書を提出してからになりますので、その審査の結果、否決になる可能性は高いと思います。
理由は信用保証協会の保証付き融資によって、ノンバンクからの借入の返済に充当されることを危惧するからです。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%