多めの設備資金で他の借入の借換をすることは出来ますか?


2014年10月15日

ホーム設備資金に関すること>多めの設備資金で他の借入の借換をすることは出来ますか?

質問
飲食店を経営しています。
運転資金や店舗の設備資金などで複数の借入を信用保証協会の保証を利用して信金さんより受けています。
1件ごとの返済額は大したことはないのですが、いくつかあるために合計すると返済額がバカになりません。
たまたまですが店舗のリフォームを考えており、また信金さんに設備資金を申し込もうと考えています。
出来ればこの設備資金で現在の複数の借入の借り換えをし、返済額を抑えたいと考えています。
可能でしょうか。

回答
設備資金は設備に要する金額の範囲内までが借入できる限度です。
その金額を把握するために支払先からの見積書などを信金さんに提出する必要があるはずです。
そして融資の実行後にはその支払先からの領収書や振込の領収書を提出する必要が出てきます。
そのため仮に見積書を「水増しして」設備資金の借入を受けても、その後に信金さんに提出する領収書などに窮することになります。

既存の借入に運転資金があるとのことですが、運転資金同士であれば複数の借入を借り換えをしてまとめることは比較的に簡単に出来ます。
こちらの線で信金さんと相談されてはいかがでしょうか。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%