他の連帯保証人は支払う必要はないのでしょうか?


2015年02月28日

ホーム信用保証協会と連帯保証人>他の連帯保証人は支払う必要はないのでしょうか?

質問
先日、祖父が亡くなりました。
遺品の整理をおこなっていたところ、信用保証協会というところへの振込み用紙や信用保証協会債権回収というところからの求償権お知らせというものがありました。
祖父がある会社の連帯保証人になっていたようで、祖父を含めて4人の連帯保証人がいるようです。
私たち遺族としては返済することを考えております。
連帯保証人が4人いる場合、私たちだけが支払わないといけないのでしょうか?
他の連帯保証人は支払う必要はないのでしょうか?

回答
連帯保証人の「連帯」というのは保証人どうしが「連帯」して保証をするということではなく、債務者と「連帯」して債務を返済するという意味です。
もちろん他の連帯保証人も返済する義務はありますが、連帯保証人はそれぞれが独立して債務全額の返済義務があります。
まずは信用保証協会債権回収に行かれて、他の連帯保証人の状況を確認されてはいかがでしょうか。
もしかしたら他の連帯保証人にも相続が発生して、その遺族は相続放棄を行うことにより連帯保証債務を免れている可能性もあります。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%