信用保証協会から決算書の送付願いが来た

ホーム信用保証協会保証付融資Q&A>信用保証協会から決算書の送付願いが来た

質問
銀行から信用保証協会の保証付にて融資を受けています。
先日、その信用保証協会から「決算書を送ってほしい」という旨の手紙が届きました。
私は何の疑いもなく、決算書を送付しました。
大丈夫でしょうか。





回答
大丈夫ですよ。
新しい決算書が出来れば、信用保証協会もその内容によって新たな保証の可否を決定することになります。
もう以前の古い決算書では信用保証協会の審査は行われません。
新しい決算書が出来れば、その内容を信用保証協会も分析しなければなりません。
追加の保証申し込みがなされた時に迅速に対応できるように、新しい決算書を徴求して信用保証協会の審査の土台を作っておくのです。
どうせ信用保証協会の利用を今後とも予想されるのであれば、決算書の提出が避けられませんから、予め提出しておけば審査時間の短縮にもつながります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達