美容業の運転資金申込み方法

ホーム業種別の銀行融資>美容業の運転資金申込み方法

美容業向けの運転資金融資は銀行は基本的に否定的です。
なぜなら美容業は現金商売であり運転資金は不要だと考えられるからです。
それにも関わらず運転資金が必要である多くの場合は、業況が赤字体質でありそのための資金不足を補填する目的であることが多いのです。
したがって美容業から運転資金の相談があった際には、銀行員はすぐに「赤字の補填」と思い浮かべます。





運転資金の申込み方法
業況が赤字体質である場合には、何よりも今後どのように業況を改善していくか、その明確な計画を銀行に提示することが不可欠です。
さきほどもご案内したように銀行は美容業向けの運転資金に否定的です。
さらに業況が赤字ということであれば、融資をしても返済されない可能性が高いことを意味しています。
それにも関わらず運転資金の融資を申し込むには、今後どのようにして業況を改善していくのか、その具体的な計画の明示が欠かせません。
社長の給料を下げる、従業員を削減する、集客方法の見直し、どのように集客を増加していくのか、経費の削減などなど主なものはリストラの計画となります。
もっとも具体性を欠く実現不可能な計画を提示しても、銀行はそれを信用しません。
もし会社あるいはオーナーに担保提供可能な不動産資産などがあれば、それに担保設定することを条件に融資を申し込むのも1つの方法です。

業況が赤字でない場合に運転資金が必要となるケースとしては、従業員の採用や集客強化のための広告費用などが考えられます。
そのようなケースにおいては従業員の増加や集客強化策によって、業績をどのように伸ばしていくのか、その計画を提示すると良いでしょう。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%