出来ないことは出来るとは言わない

ホーム銀行とのつきあい方>出来ないことは出来るとは言わない

銀行融資の申込みや融資契約の際に、銀行から「売上入金の指定口座として当行口座も使ってほしい」「融資シェアに応じた預金シェアをお願いしたい」「振込を当行でも使ってほしい」などと要請を受けることがあると思います。
言い方は別にしてもこれは銀行からの単なるお願いという場合もあると思いますが、実は単なるお願いではなく是非そのようにしてほしい、そのようにしてもらわないと困る、そのようにしてもらわないと今後の融資取引が難しくなるといったように結構真剣度が高いことが少なくありません。
融資審査の際に「今回の融資は承認するが、半年後までに売上入金の指定を受けること」などのように審査部からの指示の場合もあります。
この審査部からの指示というのは重いことで、銀行の支店などの融資の現場ではこれらの実現に向けて定期的に管理をしている場合すらあります。
安易に「わかりました」などと了解をすると銀行はやってもらえるものと考えます。
そしてもしそれが実現しない場合には「了解したのにやらない。嘘をつかれた。信頼できない」などのように非常に大きなマイナスイメージをその融資先に持つようになります。
嘘をつかれたと感じれば、次の融資を銀行が行うことはまずありません。

融資の申込時や契約時に銀行からこのような要請を受けた場合、融資を受けるために「わかりました」などと言いたくなると思いますが、ここは長期的に考えて出来ることは出来ると、出来ないことは出来ないときちんと伝えることが大切です。
出来ないという答えであってもただちに融資を銀行が断るといったようなことはなく、ではどのような事であれば実現可能なのか、現実的なことも踏まえて銀行は考えたり、相談をしてきます。
出来ることは出来る、出来ないことは出来ないときちんと伝えることで逆に銀行からの信頼度がアップすることが少なくありません。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。