投融資資金は銀行融資になじまない

ホーム銀行融資の資金使途に関すること>投融資資金は銀行融資になじまない

投融資、つまり有価証券を購入資金であったり第三者への貸付資金であったり、およそ投融資資金は銀行融資にはなじみません。
なぜならそもそも銀行融資は事業に使用されるための資金を目的にしているのが原則ですが、有価証券を購入したり第三者への貸付などは事業に関係があるのとは到底思えません。
なかには取引先との取引維持や今後の受注拡大を期待して、取引先の株式を購入するケースがあるかとは思いますが、これも借金までして購入するような性質のものではないと思います。





もう1つ投融資資金が銀行融資になじまない理由があります。
有価証券に投資するということは価格が上がって儲かることもあるかもしれませんが、逆に価格が下がって損失を被る可能性もあります。
また第三者への貸付ですが、第三者から返済が受けられなければやはり損失になってしまいます。
このように投融資は収益を生み出す可能性が極めて不安定であり、つまり銀行融資の返済原資として安心して考えることが出来ないという側面があります。
返済原資が不安定なまま銀行が融資を行うことは例えばしっかりとした担保があるなど別途保全が確保出来なければ原則としてお断りをしています。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%