なぜうちは金利が高いのか?


ホーム銀行融資全般に関するQ&A>なぜうちは金利が高いのか?

先日、ある法人と融資の契約を締結した時の話です。
その法人は前期および前々期と赤字決算が続いています。
当行は主力行としてその法人を支えるべく、先般相談のあった融資について資金繰りを維持し事業が継続できる観点から融資に応じました。
その融資審査の過程でその法人に今回の融資の利率を提示したところ、「なぜうちはいつも金利が高めなのか?友達の会社はもっと金利が低いのに」と不平不満を言われました。

私は心の片隅で「本来は融資に応じることが難しいところ、何とか審査を通そうとしているのに。金利うんぬんの話ではないよ」と正直思いました。
その友人の会社の業績が良いのか悪いのか私にはわかりません。
ただ金利というのは銀行からするとリスクに対する対価です。
業績が良いところは貸倒リスクが低いと考えられます。
逆に今回の法人のように赤字決算が続いているところは貸倒リスクが高いと考えられます。
リスクが低いところは金利は低く、リスクが高いところは金利が高くなります。
またそもそも論ですがリスクが高いと金利うんぬんではなく、融資が出来ないということもあります。

今回の法人のように業績が悪いところは融資が出来ないという結論もあるのですが、主力先であるなどのことから融資に応じる場合には、その前提として信用状態に応じた金利をきちんと適用することが審査の前提条件になることが少なくありません。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト