不動産プロジェクト融資~本当に売れるのかどうか

ホーム銀行融資の審査に関すること>不動産プロジェクト融資~本当に売れるのかどうか

不動産業の中には個人の投資家向けの物件、例えば賃貸マンション1棟とか商業ビルを購入し、それを投資家向けに販売することを事業にしているケースがあります。
銀行はその不動産業が不動産を購入する際に、その取得資金や取得後の改装資金を融資の対象としています。
銀行としても比較的まとまった金額の融資が出来る案件という捉え方をしています。
このような不動産プロジェクト融資の審査の見方はいろいろとあるのですが、その中の1つに投資家が買えるのかどうかという点があります。
つまり投資家がその物件を購入する際にローンを利用することを前提とした場合、その価格でローンの審査が通るのかどうかを見ています。
ローンの審査が通らないような案件であれば、不動産業はその物件を当初の販売予定価格で売却することが出来ず、そのまま在庫として持ち続けるか、あるいは販売価格を下げて売却を検討することになります。





在庫として持ち続ける場合には、購入資金の銀行融資を利用している場合、その利息負担を考える必要があります。
また通常、不動産プロジェクト資金は期間1年程度の期日一括返済の融資形態を取ることが一般的です。
在庫として持ち続けた場合、融資の期日が到来すれば手許資金にて返済をするか、あるいは期限延長をしなければなりません。
銀行も一回程度は期日延長に応じますが、2度、3度も期日延長に応じることは稀です。
つまり在庫して持ち続けることでその不動産会社の資金繰りを圧迫することになるのです。

このようなこともあり銀行は不動産プロジェクト資金の融資審査時において物件の売却可能性を見ることになります。
金額が市場対比高額であるとかの場合、ローンが通らない可能性があればそのプロジェクトの妥当性について総合的に検討の上、判断をすることになります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%