低金利の追求はほどほどに

ホーム銀行とのつきあい方>低金利の追求はほどほどに

銀行融資を受ける側からすれば当然金利は低い方が良いに決まっています。
一方で銀行は金利は重要な収益源ですから金利は当然に高い方が良いに決まっています。
この点で銀行と融資先は利害が完全に対立します。

先日あるシステム開発より運転資金融資の相談がありました。
財務内容は良好な会社であり日頃から融資の拡大を目指している融資先でありましたから、積極的な融資提案を行いました。
しかし金利の一段の低下を要請を受けました。
システム開発の会社は当行だけではなく、複数の取引銀行に融資の相談を行なっていました。
当然にここに金利競争が行われるわけです。
このようなことはよくあることで特段珍しいことではありません。





当社からの一段の低金利の提案要請を受けて、銀行内で協議を行い採算確保ギリギリの線での金利提示を改めて行いました。
しかし当社からはさらなる低金利の検討要請を受けました。
同様に取引他行にも低金利の提案要請を行なっており、もっとも低い金利提示のところから今回は融資を受ける方針です。

結果ですが、当行はこれ以上の低金利での提案は行わず、今回の融資案件からは撤退をしました。
なぜならさらなる低金利では採算が確保出来ず赤字の融資取引になってしまうからです。
当社とは融資取引以外の取引が脆弱で当社から得られる収益はほとんど融資金利からのものです。
融資取引以外の取引が相応にあればより低金利で融資を行なっても総合的な採算は確保出来たかもしれません。

銀行も所詮は株式会社です。
株式会社ということは収益を追求しなければなりません。
採算が確保出来ない取引は行わないというのは一般社会においても自然なことです。
今回の会社ですが銀行内では「あそこは金利選好が強すぎて商売にはならない会社だ。あそこに訪問する時間があるなら、別の取引先に行った方が良いよ」といった印象を持つことになりました。
今後は当社に対しては消極的な対応をとることになってしまいました。
低金利の追求は当然のことですが、あまりにも強すぎると取引銀行を失うことにつながります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%