マル保は他行で利用したい

ホーム銀行とのつきあい方>マル保は他行で利用したい

先日、広告業を営む会社より運転資金融資の相談相談を受けた。
融資の希望金額は2、000万円。
2、000万円全額を無担保のプロパー融資にて対応するのはハードルが高かったため、プロパー融資と保証協会保証付融資の2本立てにて検討することとした。
実は本当のところはこの会社に対してはすでに相応の無担保のプロパー融資を実行しているため、今回の融資相談には全額保証協会の保証付融資にて対応したいところでしたが、当社からのプロパー融資の強い要請もあったことから、プロパー融資と保証協会保証付融資の2本立てでの検討にしたのです。
そして検討の結果としてプロパー融資と保証協会保証付融資をそれぞれ1、000万円、合計2、000万円で対応することを決め、当社にその旨を連絡しました。





数日後、この会社より連絡があり当行からはプロパー融資1、000万円を借入し保証協会の保証付融資は他行にて利用するとのこと。
なぜ保証協会の保証付融資を他行にて利用するのか質問をしたところ、一生懸命に融資営業を日頃からしてきたためとの回答が返ってきました。
これに対して当行は、そうであるならばプロパー融資を含めて全額をその他行から調達してはどいうかと切り返しました。
すでにご存知のとおり保証協会の保証付融資は銀行にとって貸倒の心配が最終的にはない優良な融資資産です。
ですから保証協会の保証付融資は積極的に取り込みを図りたいと考えています。
一方で無担保のプロパー融資は銀行融資においてもっとも貸倒リスクの高い融資と言えるでしょう。
当行としては今までの取引経緯も鑑み、貸倒リスクの高いプロパー融資を一部対応しつつ、優良な融資資産である保証協会の保証付融資の取り扱いの獲得を目指したわけです。
ところが当社からの回答は保証協会の保証付は他行にて利用するとのこと。
このように回答を受けるとプロパー融資もその他行で借入すれば良いと言いたくなるのです。

銀行も民間会社であり融資はその会社としてのビジネスの1つです。
ビジネスの世界ではお互いの顔を立てるということがよくあると思います。
プロパー融資のみ要請され、保証協会の保証付は他行で利用するということは銀行の顔をつぶすことになります。
このようなつきあい方は長い取引を展望している銀行には回避した方が得策です。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%