借入のない銀行に預金が滞留

ホーム銀行とのつきあい方>借入のない銀行に預金が滞留

銀行は取引先から融資の相談を受けた際に、その取引先の決算状況など信用面の調査を行うのは当然のこととして、それ以外にその取引先との融資以外の取引状況を注視しています。
なかでも重要視しているのは預金量です。
預金量が多いと銀行は安心するのかもしれません。
また多くの場合、預金量が多いということは売上の入金指定口座になっていたりすることが多くの、活発にその銀行を利用してもらっていることが想像出来ます。
もっとも融資審査の観点からいうと預金量が多いとその取引先への安心感が増すことは事実ですし、またその後の預金量の変化によってリアルタイムの取引先の業況を類推することが出来ます。





ところで取引先より融資の相談を受けて自行の預金量を改めて調べてみると預金量が極めて少ないことがあります。
では取引先の預金はどこの銀行に多いかとヒアリングなどで調べてみると、意外に融資取引がない銀行に預金が滞留していることが少なくありません。
そしてこの他行にある預金が自行に滞留していればもっと融資がしやすいのに感じることが多いのです。

さきほども説明しましたが融資審査の1つの材料として預金量の大小を銀行は見ています。
もう少し日頃から預けてもらっている預金量が多ければ今回の融資が出来るのにといったことが少なくないのです。
逆にいうと融資取引のない銀行に預金を置いておくのは銀行融資を受ける点からいうと非常にもったいないのです。
なぜならその預金があれば融資が受けられる可能性が高まるからです。
銀行融資の現場では融資取引のない銀行に置かれている預金のことを「死に金」などと呼んでいます。
銀行融資のつきあい方として融資を受けたいと日頃から感じている銀行に預金は厚く置くようにすることが得策ですよ。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%