赤字の場合は売上を入金している銀行に行く


ホーム銀行とのつきあい方>赤字の場合は売上を入金している銀行に行く

前期の決算が赤字、あるいは今期が赤字決算見込みである場合、銀行の融資姿勢は厳しくなります。
銀行は晴れている時に傘を貸して雨の時は貸さないなどとよく言われますが、融資は返済してもらわなければならないという銀行の原則姿勢からするとやむを得ない面もあると思います。
これは中小企業や個人事業主がよく利用している信用保証協会においても基本は同じ姿勢です。

しかし決算が赤字でだからこそ資金繰りの補填あるいは安定のために融資の必要性が高まります。
そんな時にどこの取引銀行に相談に行くかですが、主力銀行に相談に行くのももちろん王道ですが、日頃から売上を入金している銀行に相談に行くのも有力な選択肢です。
売上を入金している銀行には自然に預金量も多くなると思います。
これがその銀行の安心感につながります。
逆に売上の入金などまったくなく預金口座の動きは返済のみといった銀行は融資相談をしてもまともに相手にしてくれません。
売上の入金を複数の取引銀行に分散している場合には、それぞれの銀行に融資相談をしてみましょう。
赤字の度合いやその要因にもよりますが、資金繰り上不可欠な資金量は融資に応じる銀行もあると思います。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト