ちゃんと返すから大丈夫だよ


ホーム銀行融資審査マンの心理>ちゃんと返すから大丈夫だよ

ある中小の広告会社との融資取引に関する話です。
売上規模は年商で約5億円ほど。
5年ほど前から売上は徐々に減少しており、利益率も低下。
このため直近の決算では赤字にはなっていないものの、赤字すれすれの状態です。
このような会社から運転資金の融資相談がありました。
当行はすでに無担保扱いで相応の融資を行っており、信用保証協会の保証枠も目一杯利用している状態です。
そのため今回の融資相談に対しては上記2点をお伝えして、担保がないと基本的に融資は難しいことをお伝えしました。

これに対してこの会社の社長からは「ちゃんと返すから大丈夫だよ。貸してよ」の繰り返し。
銀行からすれば「ちゃんと返すから」というのは当たり前のことで、社長がちゃんと返すからと言っているからということで追加融資の稟議がOKになるようなことは当然ありえません。
返済能力に懸念があれば万が一の時でも融資が回収出来る見通しが持てないと銀行は融資に踏み切れないのです。

では担保がない場合、銀行にはどのように対応したら良いのか。
ケースバイケースで一概には言えませんが、最低限、足元の受注状況などを示して今後の業績見通しについて正確に伝えることが求められます。
今後の業績に明るい見通しが持てるのであれば銀行としても無担保扱いにて追加の融資を検討する可能性が出てきます。
足元の受注状況もわからない、今後の見通しが不透明ということであれば銀行はとても融資に踏み切ることは出来ません。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト