キャッシュフローがプラスかマイナスか

ホーム銀行融資の審査に関すること>キャッシュフローがプラスかマイナスか

毎期売上が伸びているとともに、利益も着実に計上されている一方でキャッシュフローは毎期マイナスである融資先があります。
利益がプラスですから本来であればキャッシュフローもプラスになるのが通常ですが、売上増加に伴う増加運転資金需要の高まりや、設備投資を行なっているためにキャッシュフローが毎期マイナスになっています。
銀行融資に審査においては売上が増えているか、利益がプラスかどうかも大切ですがもっとも重要視しているのはキャッシュフローです。
なぜならキャッシュフローがプラスであって初めて銀行融資の返済が出来るからです。

この融資先の場合には毎期のキャッシュフローがマイナスであることを補填するためにそれを銀行融資を増やしてきました。
そのために数年前に比べると銀行借入の水準は相当に高くなっています。
売上増に示される業容の拡大に伴う資金繰りを銀行融資に依存してきたわけです。



そろそろこの融資先の場合にはキャッシュフローをプラスにすることを意識しなければなりません。
なぜなら今までは順調に調達出来てきた銀行融資もそろそろ限界に近づいているからです。
膨らんだ銀行借入の返済も重荷になってきます。
借入に依存した業容の拡大はもう限界に近づいているのです。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。