取引銀行の見極め方


ホーム銀行とのつきあい方>取引銀行の見極め方

複数の銀行と取引がある場合、どの銀行を大切にすべきでしょうか。
いろいろと物差しがあると思います。
融資の金利を安くしてくれるところ、集金をしてくれるところ、すぐに融資をしてくれるところ・・・

会社が銀行と取引をする1番の理由は資金が必要な時に融資を受けるということでしょう。
これはたしかにもっとも大切な事柄です。
どれだけ業績が好調であっても資金繰りがわずかでも途切れてしまえば、その時点でその会社は終わります。
よって資金が必要な時にきちんと相談に乗ってくれて融資対応をしてくれる取引銀行をまずは大切にすべきでしょう。
決して融資金利の高い低いではありません。
資金繰り支援をしてくれる取引銀行がもっとも大切です。
業績が好調な時に低金利で融資提案を熱心にしてくる銀行は実はさほど重要ではありません。
ただ単に融資のボリュームを稼ぎたいという思いが強いです。
融資先の資金繰りを支援しようという気持ちは残念ながらないに等しいです。

あとは融資以外の項目、とくに売上拡大や効率化などの施策について熱心に取引先の紹介をしてくれたり、効率化について一緒に検討してくれる銀行も大切にすべきでしょう。
こういう銀行は往々にしていざという時に親身に資金繰りの相談に乗ってくれて、可能な範囲で融資対応をしてくれるものです。

このように大切にすべき取引銀行には売上入金や振込取引などの集約させましょう。
このような取引は銀行はとても喜ぶのです。
そしてますます支援をしようという気持ちになるものです。
決して金利が高い低いではありません。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト