借入金の推移からみる銀行員の融資判断

投稿日:

会社はむやみに借入しないのが基本

会社というのは基本的にむやみやたりに借入をするようなことはありません。
取引銀行からお願いされて必要でもないのに借入をするケースもありますが、それも自ずと限度があります。
先行きの見通しがないのに取引銀行からのお願いのままに借入を行うことはほとんどありません。
何かしらの要因が短期的に、あるいは中期的にあるからこそ取引先は借入を行うのです。

銀行員は貸借対照表の借入金の推移をチェックしています。
借入金の減少傾向にある場合には基本的にはその取引先は健全と考えます。
現預金の状況とも照らし合わせる必要性もケースとしては出てきますが、まずは借入金の減少は青信号と銀行員は考えます。
逆に借入金が増加傾向にある場合には要注意です。
なぜ借入金が増加しているのかを銀行員は考えます。
その検証をする過程で取引先の実態を銀行員は見るのです。

借入金が増えていても銀行員が心配しないケース

まずは借入金が増えていてもそれほど心配する必要がない事例を紹介します。
私が担当していた取引先は年々借入金が増加していました。
一方で現預金も借入金の増加額とほぼ同水準の増加が見られました。
この取引先の社長に確認したところ、資金繰りの安定度合いを高めるために借入金によって手許資金の水準を引き上げたということでした。
つまりこの取引先の場合には借入金の増加は現預金の増加に向かっていますから、その現預金を取り崩せば借入金の水準を引き下げることが出来ます。
このケースでは借入金が増加していても融資判断にはマイナス材料とはなりません。
借入金が増加している場合には銀行員はそれが資産項目のどれに向かっているかをチェックします。
先ほどの事例のように現預金に向かっている場合は問題ありません。
また売掛金や在庫、あるいは有形固定資産に向かっている場合には一概には言えませんが、まずは良しとします。

借入金の増加が危険と銀行員が考えるケース

問題なのは上記の項目以外に借入金の増加が向かっている場合です。
つまり営業性の資産項目以外に借入金が向かっている場合です。
この場合にはまず間違いなく今後の借入金の返済負担が重くなってきます。
なぜなら営業性以外の資産を増やしてもそれは直接的には利益を生み出すものではないからです。
そのため借入金の返済が資金繰りを圧迫する懸念があるのです。
資産項目が増えていない場合にはそれは赤字の補填と考えてまず間違いありません。



-銀行融資の審査に関すること

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.