銀行融資審査マニュアル8 銀行取引状況と銀行融資審査

ホーム銀行融資審査マニュアル>銀行融資審査マニュアル8 銀行取引状況と銀行融資審査

銀行取引状況と銀行融資審査

銀行融資の審査においては他行との取引状況を非常に気にする傾向があります。
他行との取引がスムーズに言っていれば一般的には融資審査も前向きなものになります。

主力行の動向には特に注視





複数の取引銀行がある中で、主力行の動向は非常に気になるところです。
主力行が融資に慎重な姿勢であることが伺われたり、担保の設定など保全を固めている姿勢が判明した場合には、主力行以外の銀行は新規の融資には慎重になります。
主力行はその他の取引銀行に比べて融資先の信用状態をもっとも詳細に把握していると考えられるからです。
そのような主力行が融資に消極姿勢であったり、既存の融資の回収保全を強化したりすることはその融資先の企業の信用状態が悪化していることを示すからです。

企業側としては主力行とは十分な意見交換を行い、極力良好な関係を継続することが大切なことなのです。

なお明確な主力行が判然としない企業もあります。
そのような企業はいざという時に手を差し出してくれる銀行が期待できないわけですから、資金繰り面に不安が残り、積極的には融資をしづらいというのが銀行員の心理です。

さらに主力行の交替にも銀行は注意を払います。
主力行が交替するというのは必ずしもマイナスとは限りませんが、従来の主力行が消極方針の中で、新たな銀行が主力行になった場合などは注意を払います。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%