銀行は融資を行う際、どうして信用保証協会の保証をつけたがるのですか?

更新日:

ホーム信用保証協会保証付融資入門>銀行は融資を行う際、どうして信用保証協会の保証をつけたがるのですか?

銀行の保全確保

中小企業や個人事業主向けの銀行融資の大半は信用保証協会の保証付融資です。
確かに信用保証協会の保証なしで銀行は融資を行うことは物理的には可能ですが、信用保証協会の保証なしの融資よりも保証付の融資を銀行は好みます。
その理由は銀行の保全確保にあります。

中小企業や個人事業主は体力が弱い

一般的に中小企業や個人事業主は財務内容が脆弱で、景気悪化の影響も受けやすく上場企業のような大企業と比べて体力が弱いことが指摘されます。
銀行の融資業務は貸すことも大切ですが、もっとも重要な業務は融資した資金をきちんと最後まで回収することです。

信用保証協会の保証は万全

その点、企業の体力が弱いということは万が一の場合、銀行融資が返済出来ないことを意味します。
回収出来ない融資、つまり不良債権が増大すれば銀行経営の健全さが損なわれることになります。
そうならないように銀行は融資を行う際に万が一の回収手段として担保や連帯保証人をつけることになるのですが、信用保証協会は公的機関であり信用保証協会の保証があれば、万が一の回収不安もなく銀行融資を行うことが出来ます。
つまりほとんどリスクを取ることなく銀行は融資を行うことが出来ます。

これが銀行が信用保証協会の保証付にて融資を行う一番の理由です。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-信用保証協会保証付融資入門
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.