銀行への飛び込み借入

更新日:

ホーム起業・創業融資の申込み>銀行への飛び込み借入

設立2期目の有限会社。
年商1億円弱。
現在当行との取引はなく、銀行借入は現在政府系金融機関から数百万円のみ。
当行とは全く取引のない会社からの、いきなりの飛び込みでの借入申し出。
会社のみならず、社長個人も当行に預金口座を含めて取引はない。
事業の規模が拡大傾向にあるため、人を新規に採用したい。
そのための資金、つまり人件費として1,000万円程度の借入を希望。

今日、窓口に来られたのは社長と経理を見ている奥さんの2人。
真面目な人柄。
こちらからの質問に対しても誠実に回答。

当たり前のことですが、銀行は融資を主要業務としており、融資による利益は銀行収益の大黒柱の1つです。
ですから、銀行は日々融資拡大のために営業マンが外に出て、融資開拓のため多くの時間を費やしています。
でも企業や個人事業主も慎重で、今銀行融資は伸び悩んでいます。
銀行は融資を拡大しようとしているのですから、銀行から外へ出向かずに、銀行窓口で融資の、借入の申込をされる人を本来は歓迎すべきです。

しかし、銀行は飛込みでの借入申し出を極端に嫌います。
嫌うどころか警戒さえします。
真面目に申込をされている人には申し訳ないのですが、これには理由があります。
それはまったく取引のない企業や個人事業主が、いきなり飛び込みで借入の申し出をされる場合、他行に申し込んで断られた場合とか、手間がかかるとか、ケースによっては詐欺を目的とする人までいます。
ですから、飛込みでの借入の申し出を銀行は嫌うのです。

さて、今回のように実際に取引のない企業や個人事業主の方から借入の申し出を受けた場合、その大半は信用保証協会保証付の融資での検討となりますが、その場合でも私たち銀行はおおむね次のように対応します。

まず事業の中身や、借入の目的を確認する前に、この人が真面目な人なのか、そうでないのかを探ります。
ケースによっては社長や個人事業主本人ではなく、社員等の代理人の人が来られる場合は稀にあります。
この場合は、社長やご本人が一度来られるように伝え、詳しい話は銀行からはしません。
社長やご本人と面談し、その人柄などに疑念がある場合、信用保証協会や政府系金融機関に直接相談に行くように伝えます。
つまり遠まわしにお断りをするわけです。
信用保証協会へ直接相談し、信用保証協会の審査が決定となれば、改めてこちらに相談に来るように仕向けるのです。
要するに信用保証協会保証付であれば検討する、信用保証協会の保証はご自身で取り付けてくださいということです。

社長などの人柄に問題がなく真面目な方の場合は、事業の内容や借入金の使い道などを尋ねます。
これらに関していくつか銀行から質問をします。
その質問に対する答え方を見て、さらにその人の人柄や事業に対する意気込み、姿勢などをチェックします。
ここまで来て問題がなければ、信用保証協会保証付融資の申込手続をご案内します。
つまり銀行で仮審査をして、その上で銀行経由で信用保証協会への保証審査の申込を行うわけです。

直接信用保証協会へ申込を行うか、銀行経由で申込を行うかの違いは、銀行経由で申込を行う場合は、銀行の推薦付で申込を行うことができます。
ここは信用保証協会での審査の上で大きな違いが生じるところです。

さて、今回の社長夫妻のところ。
事業規模拡大のための人の採用ということであるが、会社の決算内容は悪い。
もちろん赤字。
ただ人柄が真面目で真剣な様子で、ご苦労されている様子が伝わってきたので、銀行経由で信用保証協会に申し込む手続をご案内しました。

photo by: ell brown


-起業・創業融資の申込み
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.