納税資金


ホーム銀行融資用語集>納税資金

納税資金とは文字通り税金を納付する資金の銀行融資です。
「税金を納付する資金を銀行は貸してくれるの?」と思われるかもしれませんが、納税資金は比較的ポピュラーの銀行融資の1つです。

税金は基本的に利益に対して定められた税率をもって納付するものです。
「もうかったから税金を納める」わけですから、もうかった分だけ手元に資金がありそうですが、これが意外にないのです。
利益は決して現金化しているわけでありません。
売掛金の形で現金化する前の状態で残っていることも多いのです。
また利益を次の仕入資金に充ててしまい、手元に資金が残っていないことも珍しくありません。
このため納税資金という銀行融資が必要となるのです。

納税資金は通常、6か月の分割返済で融資が行われます。
納税は中間納税を含めて年2回、半年ごとにあります。
次回の納税までには銀行融資の返済を終わらせるという点から、納税資金の融資期間は6か月となっているのです。

なお同じ納税でも消費税は納税資金の対象とはなりません。
消費税というのは利益に対してかかってくるものではなく、売り先から預かっているものです。
預かったものが手元にないということは、預かった消費税を「流用」したことになります。
したがって消費税を対象とするものは銀行融資にはなじみません。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト