会社社長が自己破産した場合、融資の返済を延滞していなくても会社は倒産してしまいますか?

ホーム銀行融資と経営者の関係>会社社長が自己破産した場合、融資の返済を延滞していなくても会社は倒産してしまいますか?

連帯保証人である会社の社長が自己破産をしたからといって、直ちに会社が倒産するとは言い切れません。
会社に資金があり、仕入先などへの支払いをきちんと行える状態である限り、つまり資金が続く限り、会社は倒産しません。

しかし現実問題としては社長の自己破産は会社の経営に重大な支障を及ぼすはずです。
特に中小企業の場合には会社=社長と考えられますから、一方の社長が自己破産となれば一心同体である会社の信用面に大きな傷がつくはずです。
自己破産をした社長の会社と安心して付き合えるかと言えば、なかなか難しいところがあると思います。





会社の資金繰りを維持するために銀行融資が必要となる場面も出てくると思いますが、銀行は社長の自己破産の事実を知れば、その会社の新たな融資を行うことはありません。
さらに連帯保証人の破産によって、銀行は会社の融資の一括返済を請求する権利をも持つことになります。

したがって連帯保証人である社長が破産となれば、その社長が経営する会社は倒産の危機に直面してしまうのが現実的ではないかと思われます。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%