会社経営者の税金滞納は法人融資の審査に影響は出ますか?

ホーム銀行融資と税金の関係>会社経営者の税金滞納は法人融資の審査に影響は出ますか?

事例
・経営している法人で銀行融資を考えている
・法人については税金を完納している
・しかし経営者である自分が個人の税金を滞納している





解説
経営者個人の税金滞納は法人の銀行融資審査には基本的に影響はありません。
なぜなら、法人向けの銀行融資審査において法人の納税状況の調査を納税証明書の提出などで行うことはありますが、経営者個人の納税状況の調査は行わないからです。

ただし、滞納を長期間続けていると、税務当局から個人の預金状況などについて銀行に照会が入ったり、差押通知がなされることがあります。
その場合、銀行は経営者個人が税金を滞納していることを知ることになりますから、法人向け融資についても難しくなります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達