会社経営者の税金滞納は法人融資の審査に影響は出ますか?

ホーム銀行融資と税金の関係>会社経営者の税金滞納は法人融資の審査に影響は出ますか?

事例
・経営している法人で銀行融資を考えている
・法人については税金を完納している
・しかし経営者である自分が個人の税金を滞納している

解説
経営者個人の税金滞納は法人の銀行融資審査には基本的に影響はありません。
なぜなら、法人向けの銀行融資審査において法人の納税状況の調査を納税証明書の提出などで行うことはありますが、経営者個人の納税状況の調査は行わないからです。

ただし、滞納を長期間続けていると、税務当局から個人の預金状況などについて銀行に照会が入ったり、差押通知がなされることがあります。
その場合、銀行は経営者個人が税金を滞納していることを知ることになりますから、法人向け融資についても難しくなります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。