会社経営者の税金滞納は法人融資の審査に影響は出ますか?

投稿日:

ホーム銀行融資と税金の関係>会社経営者の税金滞納は法人融資の審査に影響は出ますか?

事例
・経営している法人で銀行融資を考えている
・法人については税金を完納している
・しかし経営者である自分が個人の税金を滞納している

解説
経営者個人の税金滞納は法人の銀行融資審査には基本的に影響はありません。
なぜなら、法人向けの銀行融資審査において法人の納税状況の調査を納税証明書の提出などで行うことはありますが、経営者個人の納税状況の調査は行わないからです。

ただし、滞納を長期間続けていると、税務当局から個人の預金状況などについて銀行に照会が入ったり、差押通知がなされることがあります。
その場合、銀行は経営者個人が税金を滞納していることを知ることになりますから、法人向け融資についても難しくなります。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資と税金の関係
-, , ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.