経審提出用の決算書と銀行提出用の決算書



ホーム銀行融資の審査に関すること>経審提出用の決算書と銀行提出用の決算書

質問
「経審提出用の決算書」と「銀行提出用の決算書」の2種類を作ってそれぞれ提出しています。
経営事項審査結果はホームページで誰でも見ることができますが、銀行もホームページを見て、提出された決算書が同じかどうかチェックしているのでしょうか?

回答
チェックをしています。
そしてたまにですが、経審の数値と手元にある決算書の数値が異なる取引先があります。
経審での計上基準の点で数値が異なるのであれば問題はないのですが、それ以外の理由で数値が異なるのであれば、2つの決算書が存在することを銀行は疑います。
そして経審提出用の決算書と銀行提出用の決算書が存在するのであれば、それは粉飾です。
つまり銀行に対する背信行為です。
そのような取引先を信頼することは出来ません。

虚偽のことを銀行に報告した場合には、銀行には現在の融資を一括返済するよう求める権利があります。
一括返済を求めることはしないとしても、二度とその取引先に融資を行うことはありません。
融資の回収のみを求めるだけです。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。