信用保証協会の保証が付いているから連帯保証人は安心?

ホーム信用保証協会と連帯保証人>信用保証協会の保証が付いているから連帯保証人は安心?

質問
会社経営者です。
取引のある信用金庫の担当者から信用保証協会の保証付融資を勧められています。
特にいますぐに融資が必要な状況ではありませんが、信用金庫の担当者の人が熱心なので、お付き合いでいくらか融資を受けようかと思っています。
私は会社経営者ですから連帯保証人になることは承知をしています。
信用金庫の担当者からは信用保証協会の保証がついていますから、いざという時でも安心ですと言われています。
信用保証協会の保証が付いていれば、万が一の時でも連帯保証人である私は返済をする必要はないのでしょうか?
基本的なことですが教えてください。





回答
信用保証協会の保証付融資の場合、将来万が一、返済不能に陥った時には銀行に対して信用保証協会が融資の返済を行います。
これは事実です。
しかしながらこのことによって貴殿の連帯保証債務が消滅するわけではありません。
信用保証協会が銀行に融資を返済することによって、信用保証協会は貴殿や貴殿経営の会社に対して求償権という債権を取得することになります。
したがって今度は信用保証協会が債権者となり会社や貴殿に対して返済の請求を行うことになります。
信用金庫の担当者さんが「信用保証協会の保証がついていますから、いざという時でも安心です」という説明は間違っています。
貴殿の連帯保証債務が軽くなったりすることは信用保証協会の保証付融資の場合でもありませんからご注意ください。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%