銀行融資返済条件変更(リスケ)の手引き リスケ要請にあたっての準備書類

更新日:

ホーム返済条件変更(リスケ)の手引き>銀行融資返済条件変更(リスケ)の手引き リスケ要請にあたっての準備書類

リスケの要請を行うと銀行側からいくつかの資料の提出を求められます。
銀行側から求められた資料はなるべく早期に提出することがリスケ手続きを円滑に進める上でポイントとなることです。

リスケ要請にあたってはおおむねつぎの4つの書類は必ず求められますからあらかじめ準備しておくことが望ましいといえます。
4つの書類とは
・試算表
・資金繰り表
・銀行別借入残高表
・今後の事業計画書

試算表は現状の業績の確認資料として必要です。

資金繰り表も現状の資金状況の確認資料として必要です。

銀行別借入残高表ですが、複数の銀行より融資を受けている場合、リスケを取引銀行が平等に受け入れることが原則となります。
平等の条件は銀行の融資シェアに基づきます。
その融資シェアを確認するために銀行別借入残高表は必要なのです。

今後の事業計画書は今後の見込みを確認するために必要な資料です。
試算表や資金繰り表、銀行別借入残高表は顧問の税理士さんに依頼すれば作成してもらえる場合が多いと思いますが、今後の事業計画書は自社自身で作成しなければならない資料です。
ただ決して構える必要はありません。
どのように作成したらよいかわからない場合は、銀行に相談してください。
「こういうのをつくってください」と銀行から提示があるはずです。
銀行の担当者に相談しながら作成すればよいと思います。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-返済条件変更(リスケ)の手引き
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.