融資審査マンの見方

社長が債務整理をしたが会社で銀行融資は受けられますか

会社の社長が債務整理をした場合、そのこととは切り離して会社が銀行から融資が受けられるものでしょうか。 銀行の考え方を説明します。 社長と会社の関係 中小企業の場合ですが銀行は会社と社長は実質一体だと見 ...

消費者金融と会社事業資金借入の関係

中小企業の経営者が消費者金融から借金がある場合に、その会社が銀行から事業資金の融資を受ける際に何か不利なことはあるかどうかが今回のテーマです。 銀行がどのように考えているのかを説明します。 消費者金融 ...

社長の必要資金を会社が借入する場合

社長が必要な資金を会社が借りて社長に貸し付ける・・・。 そのような目的で会社が銀行から融資を受けることが可能なのかどうか。 今回のこのテーマについて銀行がどう考えるのかを説明します。 会社が代わりに借 ...

社長が消費者金融から借金がある場合

社長が消費者金融から借金がある時、これが影響して社長が経営する会社は銀行から普通に融資が受けられるのかどうか・・・ 今回はこのテーマで融資担当の銀行員が説明します。 中小企業に対する銀行の見方 社長に ...

賞与資金とは

従業員にボーナスを払うための賞与資金。 ボーナスは一時的にせよ会社にとっては大きな資金負担を伴うことがあります。 この資金負担に対応するが銀行の賞与資金融資ですが、この特徴や融資の申し込み方法について ...

設備資金とは

銀行融資の代表的なものは運転資金と設備資金の2つです。 ここでは設備資金について説明します。 設備資金は一般的に金額も多額になりかつ融資期間も長期となりますから銀行の本格的な融資との位置づけです。 設 ...

銀行融資審査と設備投資計画の妥当性

隣地購入の設備資金融資案件 年商3億円ほどのマンションの再販業。 リフォーム工事はほとんど外注工事で。 本社は社長の所有物件。 今回隣地が売りに出されたことから、この隣地の購入資金の融資を希望。 この ...

売上が減少しているときの融資申込方法

売上が減少し運転資金が必要になる場合があります。 売上が減少するということは、入ってくるお金が少なくなるということですから、収入が減れば当然資金不足の可能性があります。 以前に仕入れした代金が不足する ...

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5