中小企業社長との面談日誌

金利だけで銀行を選別する取引先

 

融資業務に長く携わっていると取引先の業績良し悪しに関係なく、「この先には何としても融資をしたい」と考えたり、逆に「この先には絶対に融資をしたくない」と考える時があります。 今回は私が「この先には絶対に ...

輸出取引を条件に融資実行

B社は業歴30年ほどの電子部品の製造業です。 主に通信機器やオフィス向け機器に使用される部品を製造しています。 創業以来、国内の工場にて部品を製造し、受注先に納入していました。 しかし、受注先の生産拠 ...

「税金を払いたくないから赤字にした」

赤字は赤字として審査 事業者の方に取って「節税」は実は重要な事柄であることは理解しています。 具体的な統計に基づくものではありませんが、多くの事業者の方々はいかに納税額を少なくするかに色々と知恵を絞っ ...

3か月後に再び融資要請

 

3か月ほど前に融資を実行した建設業の中小企業の社長から再び融資の相談を受けました。 「震災の影響もあり従来にもまして競争が激しくなっている。ここは何とか生き残らないと生けない。そのための資金を借入した ...

赤字企業からの電話での融資相談

 

どのようにして赤字から回復するのか 3か月ほどまえに数千万円の融資を行った中小企業の社長から、先日再び融資の相談を電話で受けました。 前期の決算は大幅な赤字決算で債務超過が拡大している状態です。 「い ...

本当は黒字だが税金対策で赤字にした

あくまで赤字決算として判断 中小企業の決算において「節税」は決算作業の大きな「テーマ」であり、多くの中小企業が実態として行っていることです。 私たち銀行員もこのこと自体は口をはさむ余地はありません。 ...

減価償却をしないで黒字を確保しました

 

実態は赤字だということと同じ 先日、ある製造業の中小企業社長から新しい決算書の提出を受けました。 わたしがパラパラと決算書を見ているとその社長から「減価償却をしないで銀行さんが喜ぶように黒字を計上しま ...

新事業進出に伴う銀行融資の可否

 

ある中小企業からの融資相談 ある中小企業の社長より現在の業種とは全く異なる分野への進出に要する融資申し出がありました。 一般的に言って、銀行は新事業進出に伴う融資は慎重姿勢です。 理由は新事業での実績 ...

新規出店資金借り入れ

既存の店舗の状況は? 複数の飲食店を営む会社社長より新規出店に伴う入居保証金や設備投資、立ち上げに伴う運転資金の申し出があった。 ここ数年、この会社は積極的に新規出店を行っているが、その都度、当行は当 ...

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5